1. HOME
  2. ブログ
  3. 三里塚で農楽まつり―農地死守、軍事空港阻止誓う

三里塚で農楽まつり―農地死守、軍事空港阻止誓う

農楽まつりの締めに団結ガンバロー(7月7日 成田市東峰)

三里塚芝山連合空港反対同盟が主催する「農楽まつり」が猛暑の中、7月7日に開かれた。市東孝雄さんの南台農地を守りぬき、成田空港の機能強化=軍事空港化阻止へ向け団結を固めるために、昨年に続いて開かれたこの催しに、首都圏を中心に180人が参加した。
午前10時、作物が実る南台農地に色とりどりの旗、のぼりを掲げて集合。反対同盟事務局の太郎良陽一さんが、この場所をめぐる耕作権裁判の結審が近づいていることを説明し、「戦争、資本の海外進出、労働者搾取の拠点としての空港建設を許さないという、反対同盟の闘魂がここにある。この闘魂を守り抜き闘おう」と訴えた。力強くシュプレヒコールを上げ、隊列を整えて直ちにデモに出発。宣伝カーからは婦人行動隊の宮本麻子さんが、成田空港会社(NAA)による農地強奪攻撃を徹底弾劾するアピールを一帯にとどろかせた。
機動隊の規制をはねのけてデモは旧小見川県道を進み、第3誘導路のトンネルをくぐり、市東さん宅前を通過。天神峰農地だった場所は昨年の2・15強制執行以来、頑丈な高いフェンスで囲われ、中は荒地にされたままだ。この光景がデモ隊の怒りをかきたてた。デモは天神峰から東峰地域に進み、まつり会場の萩原富夫さんの清水の畑に到着。この畑もまた敷地内で空港の完成を阻んで存在している勝利の拠点である。

市東さんの南台農地からデモに出発。先頭は太郎良陽一さん

炎天下のデモを貫徹して木陰に避難した参加者たちに、冷たい飲み物やかき氷がふるまわれた。さらに焼きそば、豚汁などが提供され、参加者の体力と闘争心を回復させた。
婦人行動隊の木内敦子さんの司会で正午に開会。

主催者あいさつとして、事務局の伊藤信晴さんがマイクを握った。開口一番、沖縄の少女暴行事件に言及し、米軍と岸田政権を弾劾した。そして成田の軍事使用に向かって岸田が歩を進めていることを厳しく批判し、「腐りきった政権を打倒する嵐のような実力闘争が求められている」と一同を鼓舞した。
連帯のあいさつの最初に動労千葉の関道利委員長が立ち、「反対同盟とともに車の両輪として勝利まで闘う」と宣言した。そして24春闘を振り返り、大幅賃下げと格差社会が進み、軍事を一切に優先する国家改造攻撃に屈服した連合の「春闘」を批判し、ストライキで闘う意義を強調した。さらに、来年幕張メッセで開かれる「武器見本市」の粉砕へ向けて今から準備を進めることを明らかにし、7・14国鉄集会、11・3全国労働者総決起集会への参加を呼びかけた。
関西実行委の連帯あいさつに続き、反対同盟顧問弁護団が決意を述べた。一審だけで18年続いてきた耕作権裁判がいよいよ結審を迎え、年度内に判決が出されることを報告し、勝利へ全力を尽くすことを誓った。さらに機能強化攻撃粉砕のために、周辺住民の決起を促すことを約束した。

痛快な歌で会場を盛り上げたトリオ、いなのとひら・のとこば(左上)。安田敦敏さんが闘争歌を熱唱(右上)。スイカがふるまわれた(左下)。全学連の新しい仲間たちが立ち上がる(右下)

ここで、現地ですでにおなじみとなった音楽トリオ「いなのとひら・のとこば」が登場。軽妙なトークも交えながら自民党・岸田政権の悪行を切る曲を次々と演奏した。
宮本さんがカンパアピールを行い、「農地死守、軍事空港粉砕へ向けともに闘おう」と呼びかけた。
参加者からのリレートークの時間に移った。最初に京都大同学会委員長だった安田敦敏さんがマイクを握り、「反対同盟の歌」、「ソリダリティ~団結」(星野文昭さん解放の歌)、「青空」(ブルーハーツ)の3曲を熱唱した。京大時代の安田さんを知る全学連の学生たちからの手拍子と声援を受け、会場の雰囲気を塗り替えた。
さらにシャンソンの歌唱や各団体からの発言が続いた。
婦人民主クラブ全国協議会の鶴田久子さんは、戦前に権力に屈服し戦争協力した女性団体の歴史を総括し、戦争絶対反対を貫く決意を表した。
ひときわ大きな声援を受けて、全学連の長江光斗書記長が発言に立った。「今日初めて三里塚現地に来た学生は立ち上がって」と彼が促すと、白いヘルメットをかぶった学生が次々と起立した。昨年の天神峰強制執行以来、実力闘争の正義に確信を持ち隊列を増強してきた全学連の躍進に、参加者は新たな時代の到来を感じ、胸を熱くし拍手を送った。長江書記長は、沖縄での米兵による少女暴行事件を激しい怒りで断罪した。そして反対同盟・萩原さんとともに辺野古現地闘争を闘ったことを報告し、三里塚と沖縄が結びついた意義を強調した。「今日は盧溝橋事件から87年。2千万アジア人民を殺戮した戦争をさらに巨大な規模で繰り返すことを許さない」と宣言し、8・6広島、11月労働者集会へ攻め上ることを誓った。
全国農民会議共同代表の小川浩さんは、現在の米の価格上昇、米不足という事態の背後で、日本の農業が存続の危機に直面していることを訴えた。稲作農家の農業収入を計算すると20年、21年とも時間あたりたったの10円! そして「食料安全保障」の名のもとに行われた農業・農村・食料基本法の改悪の本質は、「有事の食料確保、戦争への農民の動員」であることを指摘し、三里塚と連帯して闘いぬく決意を表明した。

市東さんの発する言葉はいつも飾りなく力強い

会場では、さらに冷えたスイカなどが出され、参加者ののどを潤した。
ひときわ大きな拍手に迎えられて、市東孝雄さんが発言した。「三里塚闘争58年。やはり三里塚はまず勝つこと、みなさんと共に勝利することを心がけています。疑問を持ったら声を高らかに上げていく。そうでなければ、今の政府には本当にめちゃくちゃにされます。そしてこの2~3年言っていることですが、闘いは明るく楽しく。やはり上を向いて闘わないといけないと思う。これからも三里塚闘争と共に闘っていただきたいと思います」。市東さんの変わらぬ決意を参加者全員が共有した。
最後に反対同盟が前面に並び、東峰の萩原富夫さんがあいさつした。5月に辺野古での座り込みに参加してダンプを止めた闘いを報告し、「食料安保」=戦時食料政策への怒りをたたきつけた。そして農家の経営がおよそ成り立たない現実をよそに、成田空港が自然を破壊し、騒音をまきちらし、金もうけに走っていることを断罪した。そして戦争推進の岸田政権に怒りを向け、「全国各地で反戦闘争を巻き起こし、絶対にパレスチナの虐殺や、ウクライナ・ロシアの戦争を止める。日本が中国と戦争をすることを止める。沖縄の人たちを犠牲にしない。そういう闘いを一生懸命がんばっていきたい」と力強く訴え、自ら音頭をとって団結ガンバローを三唱した。

最後に「農地死守」の決意で反対同盟の歌を全員で謳歌

その熱気のまま全員で、反対同盟の歌を高らかに歌い上げ「誇りも高き農地死守」の誓いを新たにした。(TN)

スケジュール
◎団結街道裁判 7月16日(火)午後1時30分開廷 萩原富夫さんの本人尋問 千葉地裁

実力闘争の先頭に立つ気概で全学連がこぶしをあげる(南台農地)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

アーカイブ

月を選択